花粉症になりやすい季節と予防策

花粉症の症状は2つにわかれます。目のかゆみや充血、目の痛みなどの目の症状とくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの鼻の症状になります。1日に数回のくしゃみや鼻水などの軽い症状から1日中花粉症の症状がでて日常生活ができなくなるほどの重度の症状まで人によりさまざまです。花粉症の原因となる花粉の種類もたくさんあります。地域により花粉の飛散時期が異なります。症状がひどい時期に飛んでいる花粉が何かを知る事は予防するためにも重要な事です。春先に飛散しているスギ花粉が原因で花粉症になる人が最も多いのですが夏にも秋にも花粉症の原因となる花粉が飛散しています。夏にはカモガヤ、ハルガヤなどイネ科の花粉が飛散しています。秋にはヨモギやブタクサなどのキク科の花粉が飛散しています。肌寒くなる季節なので風邪と間違いやすいので注意する必要があります。1年の中で冬以外はすべての季節に原因となる花粉が飛散しています。花粉症予防には外出時にマスクやめがねをすると効果があります。最近では対策用のマスクもでているので上手に利用するとよいでしょう。ウールの衣類に付着しやすいので花粉の季節には着用を控えます。家の中に花粉を持ちこまないように髪の毛や衣類についた花粉をはらってから家に入るようにします。目のかゆみは目を洗う事で花粉を洗い流す事ができ症状が和らぎます。花粉の季節はコンタクトレンズの使用はできるだけ控えます。コンタクトレンズに花粉が付着して結膜炎を悪化させるからです。お茶は花粉症予防に効果があると言われています。お茶に含まれるカテキンはアレルギーを抑える作用があります。自分でできる予防法も大切ですが点鼻薬や目薬、内服薬などの併用が効果があります。

■どれにしようか迷ったら
花粉症の薬
■花粉症にも効果がある!
アレグラでアレルギー撃退
ザイザルは副作用が少なく作られました

ページトップへ